2016年11月29日

パブロンS せき止め

人気咳止め薬 パブロンS




2カプセル中
塩酸ブロムヘキシン 4mg せきの原因となるたんを出しやすくします。
リン酸ジヒドロコデイン 10mg せき中枢にはたらき、せきをしずめます。
ノスカピン 20mg せきをしずめ、呼吸を楽にします。
dl-塩酸メチルエフェドリン 25mg 気管支を広げ、呼吸を楽にしてせきをしずめます。
マレイン酸カルビノキサミン 4mg 抗ヒスタミン作用により、せきをしずめます。
無水カフェイン 50mg 中枢に作用して他の成分のはたらきを助けます。

・ノスカピン
ノスカピン(Noscapine)はモルヒネと同じくけしの液汁(アヘン)に含まれる植物アルカロイド性の成分です。ケシの未熟果実に傷をつけて滲出する乳液を乾燥したものをアヘンと言い、その主成分は麻薬のモルヒネです。アヘンにはモルヒネ以外にも多くのアルカロイドが含まれています。
アヘンから単離された成分としてもっとも古いのがノスカピンで、1803年に単離されています。当時は、アヘンの麻酔・鎮痛作用の成分と考えられて、麻酔睡眠薬を意味するnarcoticからナルコチン(Narcotine)と命名されました。しかし、この成分には麻酔作用や鎮痛作用は無いことが明らかになり、ナルコチンの名称は不適当として、ノスカピンと改称されました。アヘンに含まれるアルカロイドでは、ノスカピンはモルヒネについで2番目に多く含まれています。
ノスカピンには麻酔・鎮痛作用や依存性は無く、強い鎮咳作用があります。

【ノスカピンの抗がん作用】
1958年、米国の国立がん研究所( National Cancer Institute)における培養がん細胞を使った研究で、ノスカピンにがん細胞を殺す作用があることが発見されました。しかし、薬として特許出願するには新しい物質でなければならず、200年以上前から知られているノスカピンでは特許権が取れないため、製薬会社にとっては大きな利益をあげることができないという理由で、がん治療薬としての開発は行われませんでした。
1997年、米国アトランタのエモリー大学の研究者が、ノスカピンには細胞の分裂に重要な役割を果たす微小管の働きを阻害する効果があることを発見し、がん治療薬として再び注目を集めました。細胞が分裂するときに微小管は重要な役割を担っているため、微小管の働きを阻害する薬が抗がん剤として極めて有効であることが知られていたからです。
エモリー大学の研究では、ヒトのがん細胞を移植した動物にノスカピンを投与すると、副作用がほとんど出ない量で、3週間で80%も腫瘍が縮小しました。
エモリー大学の研究結果は1998年に発表されましたが、さらにその後の研究では悪性リンパ腫や乳がん、大腸がん、白血病、グリオーマなどの他のがんでも有効性が確認されました。
この研究グループの報告によると、ノスカピンは腎臓や肝臓、心臓、骨髄などの臓器にダメージを与えない量で抗腫瘍作用を示すということです。さらに、免疫抑制作用も認められないと報告されています。血液脳関門を通過するので脳腫瘍にも効果があります。
人間における臨床試験でも、前立腺がんや肺がんなど多くのがんで有効性が示され、毒性が少ないことが報告されています。抗腫瘍効果はシスプラチンよりも高いという報告もあります。また、シスプラチンやドキソルビシンなど他の抗がん剤との併用で、抗がん作用を相乗的に高めるという報告もあります。
ノスカピンはブラジキニンという炎症性伝達物質の産生を抑制する作用が報告されています。ブラジキニンは多くのがん細胞の増殖を促進する作用があるので、ブラジキニンの産生阻害作用も抗がん作用のメカニズムと関連していることが示唆されています。
posted by エフェドラ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 医薬品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

ブロン錠 塩酸メチルエフェドリン

【第(2)類医薬品】ブロン錠
せきをしずめ、たんの排出をうながす効果のすぐ れた白色の糖衣錠です。
塩酸メチルエフェドリンを配合した医薬品です。
もちろん咳止め成分も入っていて、大量に飲むと危険なので注意しましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【指定第2類医薬品】エスエス ブロン錠 84錠【10P05Nov16】
価格:1749円(税込、送料別) (2016/11/5時点)



12錠中
リン酸ジヒドロコデイン・30mg
dl-塩酸メチルエフェドリン・50mg
マレイン酸クロルフェニラミン・8mg
無水カフェイン・90mg

・ジヒドロコデイン
せきは、気道に入った細菌やウイルス、ほこりなどの異物を取り除くための体の自然な防御反応です。中枢神経系にあるせきの中枢に、のどや気道からの刺激が伝わってせきをおこさせます。ジヒドロコデインリン酸塩は、このせき中枢に作用してせきの発生を抑えます。
この作用により、かぜ症状でつらいせきに効果があり、一般用医薬品では、総合感冒薬(かぜ薬)、鎮咳去たん薬、小児用かぜ薬などによく使用されています。
沢山飲んで気持ちよくなる効果を期待する人が多発しているようですが、危険なのでやめましょう。

・メチルエフェドリン
生薬の麻黄に由来する成分だが、覚せい剤に似た交感神経の興奮作用がある。もちろん覚せい剤ほど強力ではないが、スポーツ選手のドーパミン偽陽性反応に関わることもあるパワーアップの成分。
脂肪燃焼効果も期待できます。
posted by エフェドラ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 医薬品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

エフェドラ入りダイエットサプリ

エフェドラ入りのダイエットサプリです。
人によっては副作用が強く出ることもあるので、慣れるまでは気をつけるようにしましょう。



高い脂肪燃焼効果を持つエフェドラを配合したダイエットサプリメントです。
エフェドラは脳内の満腹中枢に働きかけることによって食欲を抑制する効果と、安静時の基礎代謝を高め脂肪を燃焼させやすくする効果を持っております。
また、エフェドラと同様の効果を持つとされるシトラスシトラスオーランティウムのエキスを配合しています。
その為、2つの成分の相乗効果によってよりやせやすい体質を作ることができます。

また、当商品に含まれている「ゴツコラエキス」とは長寿のハーブとして知られていますが、血行を改善する効果があることから、セルライトを緩和し、むくみも改善してくれます。
「ホワイトウィローバーク」は古くからダイエットに効果のあるハーブとして知られており、これらのハーブがさらに高いダイエット効果を生み出してくれます。
当商品の使用により、通常時でも脂肪を燃焼しやすくなりますが、有酸素運動をすることによりさらに効果が向上します。

エフェドラ【Ephedra】 25mg
ゴツコラエキス【Gotu kola extract】
ホワイトウィローバーク【White Willow Bark】
アカシア【Acacia】
グリーンティエキス【Green tea extract】
テオブロミン【Theobromine】
フェニルエチルアミンHCL【Phenylethylamine】
シトラスシトラスオーランティウムエキス【Citrus Citrus Haut-Rhin security Umm extract】
クロミウムピコリネート【Chromium picolinate】


参考)
飲んで4日目です。
生理前なのに2kg落ちました。
1日目は動悸と手の震えがありましたが
それ以降は無いです。
朝と夕方に1錠ずつ飲んでましたが
夜眠れなくなったので
今は朝に1錠、昼過ぎに半錠飲んでます。
たまに立ちくらみがしますが
これほど効果があれば全然気になりません。
すごく良い商品と出会えました。
1瓶飲み終わる頃が楽しみです。
posted by エフェドラ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェドラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

麻黄湯 麻黄入りの漢方薬

麻黄湯は、その名の通り麻黄入りの漢方薬です。
葛根湯よりも、より麻黄中心の、もしダイエットに飲むならこちらの方がいいようですが、副作用の可能性も増えるので気をつけましょう。

・効果効能
体力充実して、かぜのひきはじめで、さむけがして発熱、頭痛があり、せきが出て身体のふしぶしが痛く汗が出ていないものの次の諸症: 感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまり

体力のある実証の人向けで、体力の無い虚証の人には用いない。
インフルエンザの治療において抗ウイルス薬のタミフルと同じ程度の症状軽減効果があるという研究結果が福岡大学病院の鍋島茂樹・総合診療部長らによって発表されています。

posted by エフェドラ at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻黄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

葛根湯 麻黄入りの漢方薬

麻黄入りの漢方薬はダイエットにも有効です。

葛根湯は風邪薬として有名ですが、葛根湯に入っている麻黄成分の作用で体温が上がり免疫力がアップすることで風邪薬を治す効果が証明されてます。
これは風邪だけに効くわけでなく、免疫力アップの効果は他の病気にも有効です。
そして体温が上がり代謝が上がるわけですから、ダイエットにも効果的です。

葛根湯は風邪をひいてから飲むよりも、風邪の引き始めにと言われる理由もこれらの効果だからです。
(がっつり風邪で調子わるい時は効き目が弱い。もっと直接効果がある薬の方がいいです)



麻黄は副作用の出やすい漢方薬ですが、葛根湯に入っている他の有効成分が副作用を防ぐ効果があるのではと言われてますが、使い方には注意しましょう。
肩こりなどにも効果があるとのことで、普段のみとしてもオススメの漢方薬です。
ラベル:漢方薬
posted by エフェドラ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻黄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ダイエットにエフェドラ
非常に効果の高いエフェドラですが、使い方を間違うと問題が出ることがあるので注意しましょう。